【新生活を始める方必見】二人暮らしの間取りはどう選ぶ?【3DKの実態】


結婚や同棲・ルームシェアなど…
これから二人暮らしを始めようとしている方は、どんなおうちに住もうか悩みますよね…。

ゾウ妻
ゾウ妻

みなさんは、どのようなおうちに住んでみたいですか?

ゾウ夫婦は3DKのおうちに住んでいます。


「3DKの間取りに住むとどんな感じなの?」という方に向けて、
3DKのおうちのメリットとデメリットについてお話ししていきたいと思います!

家探しにお迷いの方の参考になれば幸いです。

ちなみに、3DKとは、3つの部屋と1つのダイニングキッチンで構成されている間取りです。

ではさっそく、3DKのおうちのメリットとデメリットについてご紹介して行きたいと思います。

3DKの間取りのメリット

寝室と作業部屋を分けられる

二人暮らしで3DKであれば、寝室と作業部屋を分けることができるので、二人の生活リズムが違ってもお互いの邪魔になりません。

1LDKで、寝室に机やドレッサーを置いてしまうと、一人は寝たいのにもう一人が作業をしていて明るくて寝られないということがありますよね。

私たちは、片方が遅くまで作業をするときには、片方が先に寝室に行くので、お互いがストレスなく過ごせます

共働きで仕事の時間帯が違う方には、部屋数の多い3DKがおすすめです。

スペースに余裕がある

二人で暮らすには十分なスペースで、圧迫感は全くありません

もし、今後家族が増えたとしても、スペースに余裕があるので、すぐに引っ越さなくても大丈夫そうです
部屋数はあるので、工夫次第で子供部屋のスペースを作れそうです。
もし家族が増える予定のある方は、引っ越しの手間を省くため、あらかじめ少し広めの間取りに住んでおくのも良いかもしれません

他にも、スペースに余裕があるので、インテリアにこだわりがあって置きたい家具がたくさんある方にも3DKはおすすめです。

一人になりたいときに一人になれる

着替えの時とか、電話をするときなど、一人になりたい時ってありますよね

部屋数があるので、一人がリビングにいるときは一人が寝室に行くなどすると、一人の空間も確保できます。

自分の時間も大切にしたい方には、3DKはおすすめの間取りです。

2人暮らしだと1人ずつの部屋として使っても部屋数に余裕があるので、「自分の部屋がないと嫌だ」という方に3DKは向いていると思います。

家賃のわりに部屋の数が多い

同じ部屋数の3LDKに比べると、家賃が安くなっています。
その代わり、DKではダイニングキッチンに続いたリビングスペースがないです。
一つの部屋をリビングとして利用される方が多いのかなという印象です。

部屋数は欲しいけど、家賃は安く抑えたい方にはおすすめです

3DKの間取りのデメリット

冷暖房の効きが悪い

1LDKなどに比べると、部屋数があるので、1つの部屋でクーラーをつけても、家全体まで涼しくならないことがあります。

2つクーラーがあると、全体的に涼しくなるかと思います。

我が家にはリビングと寝室にクーラーがあります。
寝室の方は元々入居時から備え付けだったのでとても助かりました。

使わない部屋の扉を閉めれば、クーラーの効きは良くなるのでそうやって調節することが多いです。

リビングスペースの確保が難しい

LDKの間取りだと、キッチンとダイニングとリビングが続いているので、そのスペースでテレビを置いたりソファーを置いたり広々と使うことができます。

DKの間取りだと、家にもよりますが、ダイニングキッチンにはダイニングテーブルとイスを置くのが限界だと思います。ダイニングキッチンをリビングとして使用するには狭いです
なので、一つの部屋をリビングとして使っている方が多いかと思います。キッチンと繋がっている部屋の扉を解放しておけば、実質2LDKのように使うことができます。

家具の配置の工夫次第で、様々なインテリアを楽しむことができます。

DKの物件は築年数が古い可能性がある

最近の住宅は、LDKの作りになっているおうちが多いです。

つまり、DKのおうちは、少し前に作られたおうちであることが多いです。

築年数が古くても、リフォームやリノベーションされているおうちを選べば、古さは気にならないかと思います。



いかがでしょうか?
3DKの物件のメリットとデメリットについてでした。

ゾウ夫婦は実際に住んでみて、3DKの物件をとっても気に入っています

なにより圧迫感がなく、おうちにいる時間が長くても、2人のスペースが確保されるのでストレスがないです。
片方が休みでおうちにいて、片方がテレワークでおうちにいても、お互いがストレスなく過ごすことができます。

少し築年数が古くても、リフォームされていたので、特に気になることはありませんでした
物件の広さや部屋数の割には、家賃もLDKの物件に比べると安いのでお得です。

お部屋選びは悩みがつきませんが、
ぜひ不動産屋さんと相談しながら、お二人の満足のいく物件を見つけてください!

お部屋選びの参考になりましたら幸いです😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です